本文へスキップ

JR松山駅最寄りのキリスト教会として、文化ゾーンの一翼を担います。

電話でのお問い合わせはTEL.089-941-3476

〒790-0814 愛媛県松山市味酒町2-7-1

松山教会(日本キリスト教団)のホームページへようこそ。

わたしたちは、同志社とアメリカン・ボード(ミッション)の会衆主義の伝統により、1885年(明治18)に創立された
松山で一番古いプロテスタント教会です。創立翌年には、松山女学校(現・松山東雲学園)を生み出し、1891年には、松山夜学校(現・松山学院)の誕生を助けて「みつばさ」を組み、戦後も社会福祉法人あゆみ学園のゆりかごとなるなど、市民と共に歩んできました。

宣教第二世紀を期して味酒に移転。近くに松山三庵の一、俳人・栗田樗堂の庚申庵(こうしんあん)があります。

 我すむ坤(ひつじさる;南西)のかた、市塵わづかに隔たりて、
 平蕪の地
[雑草の生い茂った広野原]あり。味酒の郷と云。
 寛政庚申
(かのえさる)の年[1880年]、いささか其地を求得て、
 かた
(形)ばかりなる六畳の草屋を造り、
 陸盧
(りくろ;唐代の文人&茶人、陸羽と盧仝)が好事(こうず)の茶を煮るために
 小庇
(こびさし;小さな茶室)をつけたり。
        
             栗田樗堂「庚申庵記」1805年 冒頭部

 「草屋の小庇」(礼拝堂)の小さな食卓を囲み、
 主人(イエス)が点てる茶(聖餐)の給仕に与り、
 一期一会を喜び、互いに仕える者として生業へ!。

news新着情報

2022年5月22日
パイプオルガンLBコンサートが近づきました。日程を変更、25日(水)となりました。ご案内が遅れて申し訳ありません。お間違いなく、おいで下さい。
2022年3月13日
17日(木)18:30、日本キリスト教海外医療協力会・岩本直美ワーカーの活動報告会が開かれます。Zoomを大写しにして、皆で分かち合います。どなたでもお出かけください。
2022年3月12日
13日は東日本大震災想起そして引き続きウクライナを覚えて礼拝をします。予告のように、ランチブレイク春コンサートがまもなくです。パイプオルガンのページでごらんください。
2022年2月21日
次回、パイプオルガン ランチブレイクコンサートは3月25日(金)12:20ー50。<スプリングコンサート>として開催予定です。お楽しみに。
2022年2月20日
2か月間、情報更新ができていませんでした。この間、新型コロナによって、少し寂しい礼拝が続いています。それでも、春の兆しを覚える中、来週27日は、松山教会から生れた「あゆみ学園(社会福祉法人)」を覚える礼拝が持たれます。同学園の働きのためにお祈りください。
2021年12月19日
アドヴェント(待降節)も最後の日曜となり、4本目のろうそくに灯を点して、マリアに起きた出来事と、彼女に目を注がれる神の愛の眼差しの内に、わたしたちもあることを受け止めることができました。水島祥子協力牧師(松山東雲中高)のお話が胸に染みる/刺さった礼拝でした。礼拝後のハンドベルコンサートは、指揮者による新編曲を交えた、熱の入った演奏を分かち合いました。一足早いクリスマスプレゼントでした。
2021年12月12日 
11月28日からアドヴェント(待降節)に入りました。アドヴェント・クランツに今日で3本目の灯が点り、クリスマスの近づきを感じています。そんな中、弛まず平和を祈り続けられるよう、礼拝を通して力をいただいています。12月19日礼拝後には松山東雲中高ハンドベル部のコンサートを分かち合うことを楽しみにしています。
2021年11月14日 
1週繰り上げての収穫感謝礼拝。野菜や果物を捧げ、出エジプトの民が約束の地に入って地の実りの初物を捧げた昔を思い起こしました。民の呻きに耳を傾け、救い出される神の名(ヤハウェ;ヤー)を覚え、ハレル(賛美せよ)・ヤー。礼拝後にはミニバザーを楽しみ、アドヴェントに備えてイルミネーションの設置も。
2021年11月7日 
<聖徒の日>で召天者記念礼拝を行いました。礼拝後方に召天者の写真を掲示し、天と地とが主によってつながれていることを覚え、「♪花彩る春を」を賛美しました。礼拝後、聖墓苑の教会墓地で墓前祈祷を共にしました。
2021年11月6日 
JOCS日本キリスト教海外医療協力会の地区JOCS全体オンラインミーティングが各地区をZoomで結んで行われました。当教会には、日頃つながりを持っている聖カタリナ大学のシスターも出席してくださり、今後の連携を確かめあいました。今後も世界各地の医療福祉の現場で働くワーカーの報告会などを開催します。その節はまたHP等でお伝えします。
2021年10月17日 
10月17日、松山教会とゆかりの3学園との連携を進めるための「みつばさ委員会」準備会を開きました。教会は、松山東雲学園・松山学院・あゆみ学園で教育・福祉を担う人々が、喜びをもって使命に生きることをられるよう、精神的ハブの役割を果たすべく、今後、祈りつつ色々と取り組むことを確認しました。。
2021年10月10日
10月10日は神学校日でした。松山教会からは、同志社大学神学部と関西学院神学部に神学生を送っています。この日は、二人からのメッセージを読み上げ、彼らと共に歩む思いを確かめ、祈りました。
2021年10月3日
10月3日は世界聖餐日礼拝でした。二度の大戦において、戦いを交え、互いに深い傷を負わせたたクリスチャンたち。第二次大戦では、教派が変われば互いに囲むことのない聖餐(パンとブドウ酒)を捕虜たちが囲みました。戦後、教会の一致と世界の平和を祈るために定められたのが世界聖餐日なのです。
2021年9月30日
11月3日には恒例の親睦研修的行事である巡検(今回はミニ)を道後地域に予定しています。伊佐爾波神社の算額(和算の文化)、旧松ヶ枝遊郭跡(廃娼運動)等をめぐります。廃娼運動については、松山教会や今治教会等キリスト教界の運動を事前学習中です。
2021年9月29日
HPを再開しました。ITものづくり教室テックプログレスの宮崎望様に不具合を修正していただきました。
2021年9月24日
パイプオルガン ランチブレイク・コンサート(出入り自由)を9月24日12時20分〜礼拝堂で行いました。次回は11月26日(金)12時20分〜に開催。J.S.バッハの曲からお届けします。
2021年9月19日
9月19日(日)松山東雲学園創立135周年を記念した礼拝でした。メッセージは歴代校長である上城戸清隆役員。礼拝には歴代同窓会長を始め、関係者も出席くださり礼拝後には同中高ハンドベル部によるミニコンサートを分かち合いました。

information

日本キリスト教団松山教会

〒790-0814
愛媛県松山市味酒町2-7-1
TEL.089-941-3476
FAX.089-947-3948